活動報告 activity report

« 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 »

2015年9月

2015年9月26日 (土)

9/26 2015年度民主党青年委員会四国ブロック大会・研修会

201509262015img_0061

2015年9月17日 (木)

9/17 安保法案・ルール無視の強行採決

委員長職権で一方的に安全保障関連法案の締めくくり総括質疑を行うことが決められた16日晩から成立阻止に向けて民主党はさらに団結した行動をとってまいりました。しかし17日、明け方に開催された理事会での約束を委員長、与党は無視し強硬に委員会を開き、姑息な手段で強行採決をしました。

議場は騒然としていて、声も聞こえず、何が議論されているのか聞こえない状態で、なぜ採決が成立したというのか、議会ルール、民主主義を軽視した、安倍政権のやり方に怒りを強く感じます。

加えて17日に横浜で行われた地方公聴会でも公述人から貴重な意見が出ましたが、委員会では議事にあるはずの派遣報告が行われず、公聴会の議事録が記録に残らない可能性もあり、法案にも議会運営にも大いに問題が残りました。断じてこのルール無視の採決を認めることはできません。

171350a9bfee7f2e58913bf0f600468c_tn

2015年9月13日 (日)

9/13 中部国政報告会

20150913

Img_1752

2015年9月 8日 (火)

9/8 広田の質問により総理答弁を覆す事実明らかに

参議院安保特別委員会の参考人質疑で、周辺事態法制定時の長官であり、いわゆる「大森4要素」を定立した大森政輔元内閣法制局長官に対し質問しました。従来の周辺事態法で「できない」とされてきた戦闘発進準備中の航空機に対する給油が今回の法案で可能となりますが、その理由について政府は「ニーズがないから」と説明しています。しかし実際は当時の外務省の要望が強く、法制局は「武力行使にあたり憲法上認められない」と主張したが、表面上は(米軍の)ニーズがないということで納め、痕跡を残すため別表にわざわざ書き込んだのが真相だ、答え、政府答弁とは全く異なる事実があったことを明らかにしました。

 

20150908_144800_0120150908_145038

2015年9月 6日 (日)

9/06 東部国政報告会

20150906

2015年9月 5日 (土)

9/05 運輸労連高知県協議会第17回定期総会

2015090517