活動報告 activity report

« 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 »

2014年5月

2014年5月27日 (火)

道路法質問2回目

5月27日、参議院国土交通委員会で道路法の2度目の質問に立ちました。高速道路の建設債務については将来世代に安易に付けを回さないためにも、道路会社や高速道路機構からも償還財源を捻出すべきです。道路会社・機構の利益剰余金から更新に活用できるのではないか、質問したところ、明確な答弁は得られませんでしたが、トータルコスト縮減のため、あらゆる方法を考えるべき、と訴えました。

P52704431

P52704511

2014年5月22日 (木)

宅建業法改正について団体ヒアリング

5/22 改正宅建業法の審議に先立ち、宅地建物取引業会、全日本、不動産協会の皆様から現場の意見を伺いました。民主党政権時からこの取り組みはしておりましたが、中古不動産市場拡大等にともない、業務の複雑化や範囲の拡大によりその責任も大きくなっているため「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」に名称変更し、知識、能力、倫理の向上を図ることを目指しています。

P52203071_2

P52203101_2

2014年5月13日 (火)

5/13 土佐電鉄・県交通統合への支援を要請

5/13 国土交通委員会、都市再生・地域公共交通活性化両法案の質疑に立ちました。土佐電鉄と県交通は共に事業収支、財務状況が厳しく統合構想が進んでいます。県民の暮らしを支える地域交通に対する支援を広田が要請すると、太田大臣は「非常に大事。密接に対応してゆく」と財政支援などを積極的に講じる姿勢を示しました。

P51302691

P51302741