活動報告 activity report

« 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

1月31日、参議院予算委員会で質疑に立ちました

参議院予算委員会で外交防衛に関する集中審議の質問に立ち、野田総理、防衛、外務大臣に、昨今の緊迫度を高めたイラン情勢や、東日本大震災での自衛隊の任務・活動に対する評価、新防衛大綱、日豪ACSA(物品役務相互提供協定)の推進、南西地域の防衛強化など、防衛力の実効性向上の改革等について質問しました。

東日本大震災での自衛隊の活動への評価について野田総理は「勇気と真心を持って活動したことを誇りに思っている」と述べました。東日本大震災の対処に関しては、発生から当時、防衛政務官として自衛隊の指揮をとりつつも、隊員の目線で心のケアに力を注いだ経験や意見を交え、質問しました。質問は中継でTV放送されました。

Photo Photo_2

2012年1月25日 (水)

外務部門会議副座長に就任

本日開催の会議より外務部門会議副座長に就任しました。今日は今国会提出予定外務省法案、条約について外務省から説明を受け、質疑応答がありました。写真右が玄葉外務大臣。

Photo_3 Photo_4

環境合同会議で「原子力規制庁」関連法案の議論をしました

民主党環境・内閣・原発事故収束対策プロジェクトチームの合同会議を開催。広田が司会進行をつとめました。

環境省の外局に、新たな原子力の安全稼働のための規制機関を新設するにあたり関連法案について、1/17,23,24,25と、長時間にわたり議論しました。原発事故の反省を踏まえての議員間の議論は、二度と悲惨な事故を繰り返さない、国民から失った原子力への信頼を取り戻すためにできる事は全てやる、という気迫が会場内に満ちていました。厚さ4センチもある法案を一晩で読み込み、質問に臨む議員も多数いました。将来にわたり胸を張れる法案として残したいという強い思い入れが1人1人にあったのだと思います。閣議決定を経て委員会審議に入ります。

Photo Photo_2

2012年1月21日 (土)

がれきの広域処理に関する勉強会

001 東日本大震災による瓦礫の広域処理に関する勉強会を行いました。講師は環境省中国四国地方環境事務所の塚田事務所長で、参加者は県議や自治体の担当者、民主党関係者、約20名が参加しました。

009

2012年1月19日 (木)

高知開成専門学校社会戦略講座

005 高知開成専門学校にて社会戦略講座の講師を務めさせて頂きました。

国難に立ち向かい『未来』を築く!と銘打ち、約90名の生徒に思いを伝えました。

008_2

2012年1月 9日 (月)

新年挨拶回り

002

009_2

2012年1月 4日 (水)

土佐緑風会新年名刺交換会

010_3

JA高知県連合合同新年会

004