活動報告 activity report

« 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 »

2009年8月

2009年8月11日 (火)

平成21年度主要県道高知本山線樫山ずい道早期建設促進期成同盟会総会

Cimg0302現在、高知市内より嶺北地域には約1時間かかりますが、トンネルの開通により約30分になりますと、若者の定住や産業の振興などに対して様々な効果があると思います。今までは膨大な予算がかかると言われてきましたが、検討を重ねていくうちに100億円を切ることができるぐらいまで話が進んでいると聞いております。しかし、一方で国・地方の財源は非常に厳しいのが現状であります。本当にこれからの地方道路整備は大丈夫かと思ってしまいますが、このような時だからこそ、期成同盟会の役割が非常に大きくなってくると思います。今後厳しい困難が予想されますが、皆様と一致団結してふるさとを守る、地域を守るため頑張って参りますと祝辞を述べた。

2009年8月 7日 (金)

平成21年度高知県簡易水道協会総会

Cimg0254 現在の全国水道普及率は97.4%であります。残りの2.6%を人口になおすと約330万人の方が水道の無い生活を強いられています。これは神奈川県横浜市の人口に匹敵し、まだまだ多くの皆様が不便な生活を送っています。水源の確保がなかなか難しかったり、市町村の厳しい財政状況の中、施設が整っていかないのが現状であると思います。国の政策としてどういう位置付けにしていくのか、これからしっかりと検討し、総合的な対策を講じなければなりませんし、将来的には水基本法を制定するため、皆様の意見を国政に届けるべく頑張って参りますと祝辞を述べた。

2009年8月 3日 (月)

平成21年度高知県市町村道整備促進協議会通常総会

Cimg0242 本県の場合、市町村道の改良率が全国平均の55.5%に比べ、はるかに低い40.6%です。

より一層の改良推進とともに、橋梁の補修や南海地震に備えた避難路の確保を行わなければなりません。

先の国会で道路特定財源が廃止されましたが、高知県の今後の道路整備を考えたとき、私は時期尚早であるととともに、単なる廃止ではなく改革すべきではないかと考え、一般財源化には反対をしました。

こういった私の考えに対しまして、これからも皆様からの意見にしっかり耳を傾けていきますので、よろしくご指導くださいと祝辞を述べた。

2009年8月 2日 (日)

国道321号以布利バイパス開通式典

Cimg0225

Cimg0230

以布利バイパスの計画は、私が県会議員時代からの悲願で、本日の開通式典には特別な思いがあります。バイパスの開通で安全で安心な交通が確保され、土佐清水に入る最後の難所の問題が解決されました。

これで人の交流が盛んになり、地域が活性化されることでしょう。これからますます土佐清水の街が元気になるよう、皆様と共に頑張ってまいりますと祝辞を述べた。

2009年8月 1日 (土)

早明浦湖水祭 水神祭・シンポジウム

Cimg0215_2 2010年に直接支払制度が期限切れですので、新たな制度について議論しなければなりません。

また、ODAの仕組みについても、海外にお金を出すぐらいなら国内の一次産業に使うべきだという声を聞きました。ラオスなどに国産材を使った現物支給をすることも今後検討していくべきだと考えます。

景気は壊れても回復できますが、地域は一度壊れるとなかなか元には戻りません。

本日のシンポジウムを通して、どうすれば地域を守り、活力を取り戻せるかを考えなければならないと思います。

また、このシンポジウムから生まれてくるアイデアなどを実際に実践して、嶺北地域がまCimg0217 すます元気になることを願っていますと祝辞を述べた。