活動報告 activity report

« 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 »

2009年2月

2009年2月12日 (木)

2/12 国土交通委員会で質問に立つ

Photo_2 2/12 参議院 国土交通委員会で「地方道路整備臨時交付金」について質問しました。現行の地方道路整備臨時交付金は地方にとって使い勝手の良い制度と評価も高いのですが、道路特定財源の一般財源化に伴い、新制度に移行します。通常、道路の改修工事は数年度にまたがって事業を継続するもので、地方からは再来年も現在の事業が継続できるのか、不安の声が上がっていました。広田はこの点を追求し、金子大臣から新交付金移行後も「現在の事業を継続できる」との答弁を引き出しました。Photo

2009/2/11 天皇陛下御即位二十年奉祝県民大会

Imgp0801

Imgp0803_2                                                                                  

天皇陛下御即位二十年奉祝県民大会

昭和の時代、戦後は先輩方のご尽力により、この日本は世界第二位の経済大国となりましたが、その一方で食料とエネルギーを外国に依存する国となってしまいました。このシステムを変えていくのが平成の国作りであると思います。国会の開会式には陛下から「国会が、当面する内外の諸事情に対処するに当たり、国権の最高機関として、その使命を十分に果たし、国民の信託にこたえることを切に希望します。」とのお言葉に応える為に、これからも国政の場においてしっかり頑張って参りますと祝辞を述べた。

2009年2月10日 (火)

2009/2/1 2009年南国土佐観光びらき式典・パーティー

2010年からNHK大河ドラマで放映予定の「龍馬伝」に向け、2009年は龍馬・出会い博として高知県内各地で様々なイベントが行われます。その記念式典に出席し、鏡開きを参加者の皆様と共に行い、高知県の観光の幕開けを共に祝いました。Imgp0800

Imgp0797

2009/1/31黒岩直良県議後援会新年会

Imgp0792_2 「定額給付金」「消費税」「かんぽの宿」「今後の政治日程の予定」の4項目について参加者の皆様に国会の現状についてお話をさせていただきました。質疑応答では「役人のわたりや定額給付金は税金のバラマキではないか」などと厳しい意見を頂くなど、大変有意義な意見交換となりました

2009/1/24JR連合高知県協政治学習会・旗びらき

Imgp0784 今国会での2次補正予算案には二つの目玉があります。一つは定額給付金、もう一つは高速道路料金の値下げ問題であります。高速道路料金の値下げについてはいいことばかりではありません。四国ではJRやフェリーにどういった影響が出てくるのか、しっかりヒアリングも出来ていない状況を考えると、現場の皆様の声を政策に反映させるよう、今後も国政の場において交通政策問題に取り組んで参りますと祝辞を述べました。

2009年2月 6日 (金)

2/5 四国電力労働組合の皆様、国会見学へ

2/5 四国電力労働組合の皆様に、今国会の論点である定額給付金、消費税、道路政策についてお話ししました。

消費税について、経済状況の好転しないうちに上げるのは問題だが、今、日本は1,000兆円の借金を抱えている。これ以上次の世代に借金のツケを回すことはできず、避けて通ることはできないが、ここまで巨額の借金を作ってしまった与党が増税をする資格はないのではないか。

また定額給付金について「出たらもらう」が問題意識Photo_5  Photo_4 は持っているという方が多かったようです。

2009年2月 4日 (水)

2/3  地元からの陳情を国に訴える

三位一体改革以降、地方の財政は、より一層、厳しい状況にあり、高知県の各市町村より、切実な声、要望が寄せられました。それを受け、2/3、特別交付税要望として、総務省自治財政局、望月官房審議官、久保自治財政局長に厳しい状況を訴え、陳情しました。Photo Photo_2