活動報告 activity report

« 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 »

2008年11月

2008年11月27日 (木)

11/27 国土交通委員会にて質問に立つ

11/27 国土交通委員会で「長期優良住宅の普及の促進に関する法律案」の質問に立ちました。長期住宅にPhoto Photo_2 関連して、地方の住宅耐震化を進めるためにも、地域住宅交付金の耐震改修事業の基幹事業化や、住宅・建築物耐震改修等事業においての収入要件や地域要件の緩和を求めました。

2008年11月19日 (水)

11/18かつお・まぐろ漁業関係者の方々から要望を受ける

近年の燃油高騰による経営圧迫に加え、許可のない国籍や操業認可のされていない船によるマグロの乱獲で海洋資源枯渇の危機に直面している。これらの影響により、まぐろ漁業が続けらず、やめていく人もいるという。燃油高騰のための金融対策、不法操業の廃絶などを求めた要望をうけ、関係省庁に働きかけて行くことを伝えました。Photo_3 Photo_4

2008年11月18日 (火)

2008.11.16 鳩山幹事長を迎えての街頭演説活動

Img_1502 本来であれば今頃は選挙の真っ只中のはずだった。何やらと理由をつけて先延ばししているのが現状であります。

しかし、この間に地域の生の声が多く聞けると思います。

私も政権交代に向け皆さんと一緒に頑張って参りますと訴えた。

2008.11.15 第23回龍馬賞授賞式

Img_1493  幡多農業高等学校馬術部のこの度の受賞は、私も同じ幡多地域の出身の者にとっても大変嬉しく思います。市内中心部の学校とは違い、非常に厳しい環境の中、馬術部が日本一となり、龍馬賞を受賞されました。龍馬もきっと「今年は私とおなじ馬かよ!」と喜んでいるのではないでしょうか。

 今後は更に努力をされまして、世界を目指して頑張って下さいと挨拶をした後、参加者の皆様と親睦を深めました。

2008.11.15 第30回坂本龍馬誕生祭

     Img_1481               坂本龍馬がこの度「龍馬伝」として2010年新春より大河ドラマになることが決定し、龍馬役を福山雅治さんが演じることとなりました。その福山さんの談話の中で、坂本龍馬は私たちにとって普遍的なヒーローであるという話がありましたが、私も同感であります。

龍馬が江戸で剣術を学ぶために努力したように、私も東京の大学を目指し受験しましたが、一度失敗しました。しかし、絶対に合格するんだという気持ちを持って勉強し、翌年合格しました。龍馬が江戸へ修業に行く際3つの教えを守るように言われて旅だったそうです。一つ目は「修行に専念する事」二つ目はImg_1487「浪 費を抑える事」三つ目は「女性を断つ事」だそうでして、私の場合は一つも守ることができませんでした。

                                       

                                                                       

 さて、今の国政は、明治維新の頃と同じように混迷していますが、私たち若い国会議員が坂本龍馬と同じ志を持ち、国を変える想いをしっかりと持ち、これからも頑張って参りますと祝辞を述べた。

11/18四国治水事業促進懇談会に出席

Photo_2 11/18、四国治水事業促進懇談会に出席しました。四国は台風の常襲地帯であり、豪雨による洪水などが多発する一方で、渇水による」被害も出ております。国民の生命を守るため最優先されるべき根幹事業である治水事業に関する地域の実情を国に伝え、要望をしたPhoto

2008年11月13日 (木)

11/12 国土交通部会に出席

Photo 現在、日本の住宅は約30年で立て替えられているのが現状です。長期にわたり、ライフスタイルの変化などにより改装が容易にできる耐久性の高い住宅建築の普及を望む声が高かったため、法案化されることとなりました。

そこで私は高知県をはじめとする国産の木材の使用推進を法案に盛り込むべきだと考えております。

2008年11月12日 (水)

081108 第25回高知市消防職員協議会定期総会

高知県で広域消防が一元化されるのであれば、県の責任をはっきりさせなければ

なりません。また、広域化を進めるにあたっては、現場の皆さんの声をしっかり

反映させることが付帯決議に含まれている。こういった問題にも私も微力ながら

共に頑張っていきたい。

次期衆議院議員選挙がいつになるか分からないが、政権交代に向けた大事な戦い

になる。ねじれ国会によって今まで政府与党によって隠されてきた無駄遣いが

次々と明らかになっている。また、小泉構造改革のあおりで高知県では地方交付

税が499億円減らされました。これにより地方は大変な事態に陥っております。

交付税を再生・増額することによって、地方に合った使い方・サービスの提供を

行うべきであると祝辞を述べた。

081109 第13回土佐日記つらゆき時代まつり

                            Img_1471Img_1457_3 

081109 建労高知支部平成20年度第2回中央委員会

Img_1449

昔は1年に3件ほど家を建てていたが、今は3年に1件あれば良いほうだという声を聞いた。建築関係を取り巻く状況の厳しさを改めて実感しました。しかし、木造の耐震化については宣伝の効果があり、受注が倍になった話も聞きます。

今後、耐震化による受注を増やすべく、私も微力ながら皆様と共に頑張って参り

ますと祝辞を述べた。