活動報告 activity report

« 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

・老人ホームさかわ落成記念オープンパーティー

老人ホームさかわ落成記念オープンパーティー

Img_0243

Img_0247

福祉に対する財源を確保することによって充分なケアが出来る、また
佐川の地から新しい福祉の形が発信されることを期待しますと祝辞を
述べたあと鏡開きを行い、関係者の皆様と親睦を深めました。

2008年2月24日 (日)

・いわき嘉仁阿南後援会市政報告会・新春のつどい出席

いわき嘉仁阿南後援会市政報告会・新春のつどい出席

Img_0232

「AMA構想」阿南市・室戸市・安芸市それぞれの個性を結び、
2泊3日滞在型の観光地を作っていく。そういった観光圏作りに
対して微力ながら取り組んでいくと祝辞を述べたあと、参加者の
皆様と親睦を深めました。

・吉良川 文張氏「絵金その謎の軌跡」出版記念祝賀会へ出席

吉良川 文張氏「絵金その謎の軌跡」出版記念祝賀会へ出席

Img_0237

Img_0240

祝賀会に出席し祝辞を述べたあと、関係者の皆様と
親睦を深めました。

2008年2月23日 (土)

・いの町にてミニ国政報告会開催

いの町にてミニ国政報告会開催

Img_0223

Img_0226

いの町にて農業問題・道路特定財源問題を中心にしたミニ国政報告会
を行いました。多くの質問等があり大変有意義な報告会となりました。

2008年2月20日 (水)

・2/20 参議院 国民生活・経済に関する調査会で質問する

2/20 参議院 国民生活・経済に関する調査会で質問する

P1020934

Jpg

「幸福度の高い社会の構築」というテーマに沿い、財政破綻した夕張の住民意識を取り上げた。日本で最も高い負担、低いサービスに甘んじなくてはならない夕張市民。だが、そこに生活する人々に相互扶助や住民自治の意識が生まれている。夕張市に5回視察に赴いたという共産党の大門実紀史委員に幸福度という観点から、夕張市の未来について意見を聞いた。大門委員からは「1人395万円の借金は重すぎる。債務圧縮に関し、国が手を打つべき」との回答があった。また参考人の神野直彦・東大教授からは「国が行政に厳しく介入するのであれば財源を保障する責任を強化すべき」とのご意見をいただいた。

2008年2月19日 (火)

・2/19、国民生活・経済に関する調査会から2機関の視察に行く

2/19、国民生活・経済に関する調査会から2機関の視察に行く

Jpg_2

Jpg_3

2/19、国民生活・経済に関する調査会から2機関の視察に行った。横浜にある国際連合世界食糧計画日本事務所と国際連合大学高等研究所を視察し、それぞれの現状と課題について聴取した。

2008年2月15日 (金)

・国道321号道路改築(以布利トンネル)工事 貫通式

国道321号道路改築(以布利トンネル)工事 貫通式

Img_0189

Img_0214_2

国道321号道路改築(以布利トンネル)工事 貫通式
貫通式典にて通り初め、鏡開き、もち投げを行い、工事関係者の皆様と
親睦を深めました。

2008年2月10日 (日)

・さとうみシンポジウムへ出席

さとうみシンポジウムへ出席

Img_0153

Img_0152

さとうみシンポジウム
環境問題に対して、効率的に且つ実働的に行うためには、これから行政として
どう役立っていけるか考えなければいけない、また、このシンポジウムを通し
てさとうみとは何なのかと今一度考える機会にしてもらいたいと祝辞を述べた。

2008年2月 9日 (土)

・第5回高知県選出国会議員と中小企業有志との懇親会・懇談会

第5回高知県選出国会議員と中小企業有志との懇親会・懇談会

Img_0136

Img_0147

第5回高知県選出国会議員と中小企業有志との懇親会・懇談会
真に必要な道路整備の為、高知県選出の国会議員として党派を超えて
一致団結して、今後も高知県の立場に立って政策の提言をしていくと
決意を述べました。その後、懇談会に出席し、参加者の皆様と親睦を
深めました。

2008年2月 1日 (金)

・南国土佐観光びらき2008年パーティー

南国土佐観光びらき2008年パーティー

Img_0106

Img_0116

3月より「花・人・土佐であい博2008」が開幕し、高知県内各地で
様々なイベントが行われます。パーティーでは現在高知県でキャンプを
行っている各団体や関係者の皆様と鏡開きを行ったあと、親睦を深めま
した。また会場ではよさこい鳴子踊り等も催され大変盛り上がりました。