活動報告 activity report

« 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

・1/31 特別交付税の要望のため総務省自治財政局長に陳情

1/31 特別交付税の要望のため総務省自治財政局長に陳情

P1020894

P1020897

三位一体改革により、地方交付税減額の打撃を受け、財政状況の厳しい高知県の各自治体では、人件費のカット、公債費の適正化など、さまざまな行財政改革に積極的に取り組んでいます。しかし、災害の多発地であることや、高齢化に伴う福祉・医療費の増大などから、財政は逼迫状況です。この悲痛な各自治体からの声を届けるため、総務省自治財政局長に陳情しました。

2008年1月26日 (土)

・第9回全日本てをつなぐ育成会小規模作業所・通所授産施設全国連絡協議会高知大会

第9回全日本てをつなぐ育成会小規模作業所・通所授産施設全国連絡協議会高知大会

Img_0094

Img_0099

2008年1月20日 (日)

・高知県の道路整備を考える県民総決起大会

高知県の道路整備を考える県民総決起大会

Img_0074

Img_0076

広田はこれまで、安心安全な命の道を整備してほしいと県民は望んでいると国に対して訴えてきました。今、問題となっている道路特定財源については、県民の暮らしが厳しい中で、通常の2倍もの暫定税率を維持するというならば、その税金は全額道路整備や今後益々増える維持・修繕費に使わなければいけない。しかし、政府与党案では、道路特定財源のうち1900億円以上もの税金が何にでも使える一般財源化しようとしている現状に対して、道路整備に使わないのならば、その分は減税するべきだと訴え、また、民主党案に対しても、暫定税率廃止による2兆6千億もの財源を確保することが不透明だと訴え、道路整備と道路財源に対する考え方を述べました。
このような現状を踏まえ、広田は現時点では、政府与党案・民主党両案には賛同できないという立場で、地方重視と簡素化を理念とし、第三の政策を3月まで粘り強く会派内を中心に訴えて参ります。

2008年1月12日 (土)

・部落解放同盟高知市連絡協議会2008年荊冠旗びらき

部落解放同盟高知市連絡協議会2008年荊冠旗びらき

Imgp0688

Imgp0690

人権に関する諸問題に今後も取組んでいくと祝辞を述べた後、
参加者の皆様と親睦を深めました。

2008年1月11日 (金)

・2008年高知市職員労働組合新春旗びらき

2008年高知市職員労働組合新春旗びらき

Imgp0684

2008年高知市職員労働組合新春旗びらき

2008年1月 4日 (金)

・土佐緑友会迎春名刺交換会

土佐緑友会迎春名刺交換会

Imgp0674

Imgp0676

木材の利用を妨げる耐火建築に対する見直しやそれぞれの立場に立って
森林整備に対する取組みを行っていかなくてはならないと祝辞を述べた

・情報労連高知県協議会2008年新春旗開き

情報労連高知県協議会2008年新春旗開き

Imgp0679

地デジ対策や高速での情報ネットワーク整備など高知県における
社会基盤整備に取組んでいくと祝辞を述べた