活動報告 activity report

« 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

・国道494号佐川吾桑バイパス「宮ケ谷トンネル」開通式典

国道494号佐川吾桑バイパス「宮ケ谷トンネル」開通式典

A1_20

須崎市内で行われた国道494号佐川吾桑バイパスの吾桑第2工区が開通し、安全祈願祭、式典に来賓として参加。暖かい小春日和の中、地元の方々を招いて餅投げ等も行いながら開通を祝う。

2007年3月24日 (土)

・一般国道56号 宿毛一本松改良開通式

一般国道56号 宿毛一本松改良開通式

A1_21

A2_14

愛媛県愛南町で行われた本会に参加。また、雨天の中、本道路の宿毛市側で行われた開通セレモニーに出席。愛媛県、高知県境の交通事情の改善を祝う。

2007年3月18日 (日)

・第50普通科連隊 創隊一周年記念日行事

第50普通科連隊 創隊一周年記念日行事

A1_22

香南市内で行われた本会に参加。普通科連隊を前に来賓祝辞を述べ、訓練展示を見学。また祝賀会で関係者との交流を深める。

2007年3月15日 (木)

・3/13予算委員会にて質問に立つ

3/13予算委員会にて質問に立つ

A1_23

答弁する財務省尾身大臣

翌日の読売新聞に取り上げられた

3/13の予算委員会で2007年の長期金利見通しについて政府内で財務省と内閣府の見立てが0.2%も食い違っていることを広田が指摘。0.2%の違いにより国債の利払い費に約3,500億円の差が出ることになる。翌日の読売新聞に大きく取り上げられた。

2007年3月 8日 (木)

・3/8予算委員会にて質問

3/8予算委員会にて質問

A1_24

交付金引き上げの根拠を財務省尾身大臣に問う

A2_15

放射性廃棄物拒否条例が制定された場合の認可可否判断について答弁する甘利経済産業大臣

予算委員会で東洋町の放射線廃棄物最終処理施設問題を取り上げた。国の安易な姿勢を追求。候補地選定の方法を「公募」ではじめて4年間応募がなく、その検証も充分でないまま、「お金で誘致する」安易な姿勢が見える。国は責任を持って選定方法を考えるべき。

2007年3月 3日 (土)

・手結山第2トンネル工事の貫通式

手結山第2トンネル工事の貫通式

A1_26

芸西村西分で行われた本貫通式に来賓として出席。貫通作業に立会い、地元関係者ならびに工事関係者とともに祝う。

・民主党高知県連躍進パーティ

民主党高知県連躍進パーティ

A1_25

A2_16

高知市内のホテルで行われた、小沢一郎民主党代表を招いての本会に来賓出席。春の統一地方選挙、夏の参議院選挙に向けて結束をはかる。